スタッフブログ

大自然を満喫!アフリカ旅行へ・・・

みなさんこんにちは!長久手支店の柴田です。
年に一度の自分へのご褒美~飛行機に乗る~
今年は南半球を選びました。テレビで喜望峰を見てこんな景色見ることができるなら行ってみるかと。動物も見ることができて、長い時間飛行機にも乗っていられる、私にとっては一石三鳥といったところでしょうか。海外ツアーの一人参加も三回目。病みつきです。
まずは準備。必ず持っていくものは色々ありますが、忘れてはならない重要なもの、それはカリカリ梅、これは絶対に持っていきます。外国で食べたとき、日本人であることの再確認ができるような気がして。大袈裟ですけど。

1日目は移動。セントレア~香港~ヨハネスブルク~ケープタウン

2日目、ケープタウン

テーブルマウンテンには風が強くてロープーウェイが運行せず、登頂できませんでした。カーステンボッシュ植物園では、極楽鳥花やカラー、キングプロテアなどが咲き、色のきれいな野鳥が飛び交い、広大な景色を満喫しました。


夕食はステーキ。よく噛んで食べるタイプのお肉。海外ではよくある感じ。ワインがとても美味しかったです。夜間、外出禁止。治安が悪い街でした。

3日目、喜望峰、ボルダーズビーチ ウォーターフロント

お天気に恵まれ、喜望峰では吹っ飛びそうな風と闘いながら灯台まで登り、大西洋とインド洋の出会う景色に心を奪われました。アフリカペンギンの生息するボルダーズビーチでも海からの強風に見舞われ、海の砂も痛いほどの勢いで飛んできて、ペンギンは寝転んでやり過ごしているようでした。




ウォーターフロントには大きなショッピングモールがあり、観覧車まであって、名古屋港のような感じでした。家族に写真を送るとアフリカに行ったのでは?との返事が。ケープタウンの夜景もとても素敵でアフリカのイメージが変わりました。

4日目、ケープタウン~ヨハネスブルク~リビングストン(ザンビア)

世界三大瀑布の一つ、ビクトリアフォールズをザンビア側から見ました。しかし瀑布とは言い難い水の量。年中水量があるわけでは無いようです。残念。バスで国境を越えてジンバブエへ
ジンバブエ側からビクトリアフォールズを見に歩いていくと水しぶきが。ここでは瀑布という感じが味わえ、15000歩、歩いたかいがありました。


5日目、待望のサファリ

早朝、スタンレー私営保護区へ。広い広いサファリパークといった感じでしょうか。動物に会えるのは運しだい。大きなジープに乗り込み出発。比較的会いやすい草食動物が群れになって草をむしゃむしゃ。遠くにいるので双眼鏡や望遠カメラでとらえます。望遠のデジタルカメラと一眼レフカメラ道具は揃ってますが、腕が追い付かず、残念な写真も多い中、数打ちゃ当たる的な写真もありました。キリン、サイ、イボイノシシ、シマウマなど見ることができました。








午後からザンベジ川サンセットクルーズに出かけました。さぞ豪華な船と思いきや、漁船❓みたいな船。でも現地のクルーがとても陽気に出迎えてくれてダンスまで。景色もさることながら、お酒飲み放題!いろんな国の人たちと片言の英語で楽しく過ごしました。水辺にワニ、沢山の水鳥、象。一番びっくりしたのがカバ。あちこちで顔を上げては潜り、大きく口を開けたり、耳をピコピコさせたり。泳ぎが得意だったかと再認識。夕日も本当に綺麗で、帰りたくない気持ちでいっぱいに。


アフリカ大陸最終日

ヘリコプターでビクトリアフォールズを上から。乗る前に体重測定。あまりにも重い人はバランスを考えるんだそう。普通のレベルの重さで良かった。結構心配でしたが。初めてのヘリコプターは思ったより安定していて、とても快適。15分で終了。もっと乗っていたかった。ハウスに戻ると動画ができていて、試写会が始まりました。私たちが乗り込むところ、CMみたいな動画、1人ずつの写真、降りてきた時の感想のインタビューシーンなどクオリティーの高さにびっくり。USBで販売。迷うことなく買いました。帰り道、スーパーマーケットでバスを降り、買い物しながら歩いて帰りました。ジンバブエは治安が良くて人がとても親切。小さな雑貨店のお姉さんは孫のお土産に買ったマラカスに傷があるからと綺麗なものに変えてくれました。ほっこりしました。アフリカの旅は本当に楽しかったです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
創業110年で名古屋市緑区、豊明市、長久手市の老舗墓石店。
一般墓、永代供養墓、合祀墓、樹木葬のことなら石高石材販売まで
供養に詳しいスタッフがお墓づくりのこと、霊園のこと、仏事のこと、
何でもお答えいたします。
まずはお気軽にお問合せください。052-876-9421
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~